亡びの国の征服者 1 ~魔王は世界を征服するようです~<br><br>読み手に浸透していく物語
亡びの国の征服者 1 ~魔王は世界を征服するようです~ (オーバーラップノベルス)Amazon

不手折家(著/文)toi8(イラスト)
〇あらすじ〇
家族の愛を知らぬまま死んだ男は、異なる世界で新たな生を受ける。
ユーリと名付けられた彼は、両親の愛を一身に受けながら新たな人生を穏やかに過ごしていく――はずだった。
しかしユーリ達の住む国家群は大陸の広域を支配する“もう一つの人類”に脅かされ、亡びの危機に瀕していた。
ユーリとその家族も無関係ではいられず、戦乱に巻き込まれていく……。
槍を振るい鳥を駆る王国の剣――騎士家。
そんな騎士家の名門ホウ家の頭領だった叔父の戦死が、殺し合いを嫌って家を離れていたユーリの父を再び騎士の世界に引き戻す。
そしてユーリもまた騎士を育成する騎士院への入学を余儀なくされ、そこでの出会いがユーリの、そして王国の運命を大きく動かしていくのだった――。
これは、愛する者達のために戦い、のちに「魔王」として世界に名を轟かせる男が歩んだ覇道の記録。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、ついに開幕!

ゆっくりと物語が進んでいく長期シリーズこそなろうの小説の魅力であるとしみじみ思った。ユーリが何を見て、何を思い、感じ歩んでいくのか。人の運命をかえていくのか。物語が読み手に浸透していくような魅力が光る一冊だった。ユーリという少年の人生の軌跡

はネタバレを含む感想

ユーリー越しに物語を体験している

職を辞めてニートになり、何か物事に打ち込んでいるわけではなく動機がない日々を送っていた主人公。一生懸命に生きたいと思っておらず、橋から落ちて川に流される女の子を助けて自分は川に流されて異世界に転生する導入。大学時代には泊まり込みで仕事をしていたので情熱がかつてはあったんだろうと思う。何かのきっかけでここまで生気を失ってしまった経緯が気になったけど、異世界転生後の夢の中で転生前の話が出てくるので今後も前世の話が絡んできそう。

前世の知識を生かしてコスパよく上手く立ち回っているイメージ。予想外に調整がきかず、秀でたポテンシャルが周囲の目をひきつけていく展開の数々が面白い。そして、なんともボソッと出る吐露の数々がけっこうツボだったりする。ユーリ視点で丁寧な地の文、よさそうなシーンでは読み手に心地よく浸透させるような筆致。この3つのバランスが好きなんだなぁ。すーーっと物語に溶け込むような感覚があり確かにユーリ越しに物語を体験していた自分がいた。

温かみと発見に満ちた世界

ああ! 自分も大鷲に乗って大パノラマ見てみたい! と思わずにはいられない。ドローンとかで映像越しでは可能なんだろうけど何かに乗って風を感じつつ肉眼で見たいよね。前世の知識から こうだろうああだろうと大人の現実に即した目線で物事を捉えることがあっても転生後の世界では新しい発見に満ち満ちている。
そして成長の過程で家族の温かみを覚えていく流れもすてきでした。

シャムと星空を眺めてこの世界の在りように疑問を覚え、調べていく展開はわくわくだった。作中に出てくる地名を地図で調べながら読んでた。

王女殿下との再会。王女殿下にとっては、ユーリのような存在は相当な刺激だよなぁと。2人のやりとは終始魅力だし、2人は今後の物語の中核を担っていくんだろうか。1巻では物語の導入なのか、導入の途中なのか分からないけどこのスローペースが好きだ。ゆっくり丁寧に描いていくからこそ今後の展開に深みが出てくるんだと思う。1冊で起承転結を目指さなくていいなろう小説の魅力を感じた。今後少年が歩んでいく軌跡をじっと腰を据えて追っていきたい。

スポンサーリンク