ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱
ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (富士見ファンタジア文庫)Amazon

師走 トオル(著/文)有坂 あこ(イラスト)
〇あらすじ〇
セシリアとの結婚式が迫る中、カレルは自身の暗殺計画を察知する。犯人を突き止めるため、ドワーフの国へ向かうことになるのだが……。動乱は大きなうねりとなって、ふたりの英雄は邂逅を果たす――。

結婚時での毒殺を回避すべく動いた中で浮かび上がる裏切りから、酒色や私利私欲で寝返るといった欲と情をもつ人という生き物の醜さが露呈する。人は簡単に変われない、変われるっていうけど私欲に溺れると次の甘美を求めて変わっていくんだなぁって。その中でも君主に本心で忠誠を尽くす人たちは尊敬する。ここで戦いが生きがいの歴代最強の切り込み隊長の意外な一面にほっこりしつつ今後面白く関わってくるにちがいない期待感がある。乱入時のセリフが痛快すぎて笑いました。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク