やがて恋するヴィヴィ・レイン 1
やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)Amazon

犬村 小六(著/文)岩崎 美奈子(イラスト)
〇あらすじ〇
「ヴィヴィ・レインを見つけて」
彼女の願いを叶えるため、スラム街の少年は旅に出る。限られた命を生きる人造の少女と、意志を持つ機械兵。滅びゆく王国の姫、性別不詳の天才操縦士、皇帝に捨てられた侍女の子ども……。
旅の途中、それぞれの傷を抱えた仲間たちと出会い、やがて少年は「災厄の魔王」と称され、楽園に支配された世界へ反逆の旗を翻す。
ヴィヴィ・レインを探す、ただそれだけだった小さな旅はいつしか時代のうねりとなり、世界を変革する戦いへ――。

3つに隔てられた世界の1つである地上で、スラム街で生きた少年がシルフィから託された願いを胸に厳しい環境に屈さず旅をする物語で悲喜交々としたシーンの中で垣間見える少年の心の強さに感動した。興味深い舞台設定で集まった仲間との旅路の中でどう解き明かされていくのか楽しみ。スラム街で生きていくために血肉となった経験が戦場で発揮され、生きていくために培ってきた教養が英断を下していく爽快感があった。時にシルフィとの思い出が少年を支えてしんみりして読んでいて心温かくなる。深い情景描写も相まって世界観に引き込まれる。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク