神様のメモ帳 3
神様のメモ帳3 (電撃文庫)Amazon

杉井 光(著) 岸田メル(イラスト)
〇あらすじ〇
彩夏が戻ってきた。冬の事件の後遺症で、僕との過去をみんな忘れて-。ぎこちない関係のまま、僕らが昔通りの園芸部の活動を再開した矢先、僕は生徒会長に呼び出される。「園芸部は廃部にするから」廃部の理由である、設立時のうさんくさい経緯を調べていくうちに、四年前の不可解な生徒死亡事件が浮かび上がる。その容疑者は、テツ先輩だった。口を噤み協力を拒否するテツ先輩とニート探偵団を敵に回しアリスと僕は捜査を始める。はたして事件の真相は、そして彩夏と僕の居場所である園芸部の存続は?緊迫のニートティーン・ストーリー、第3弾。

植物状態から目を覚まし記憶喪失となった彩夏にナルミは悩んでいたけど、アリスとみんなのいつもと変わらない距離感で言葉を交わす温かさに目頭が熱くなった。失わず生きていれば再び歩んでいけるということがしみじみ伝わった。彩夏と大切な居場所である園芸部の危機から浮かび上がる4年前の死亡事件の真相をめぐってナルミが巻数を重ねるごとに勇猛な姿になっていて感動した。集めた情報から死者の代弁者として4年前の物語を紐解いていくアリスは事実だけでなく登場人物の心境を1つの真実として明かしていた心根の優しい名探偵だった。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク