ワールドエンドの探索指南2
ワールドエンドの探索指南2 (電撃文庫)Amazon

夏海 公司(著/文)ぼや野(イラスト)
〇あらすじ〇
〈学園〉を脱出したボクとヤヒロは、ミハシラを目指し、無人の街を進んでいた。しかし、進むにつれて凶暴さを増すミサキの出現や、物資の消耗に2人だけでの探索へ限界を感じ始める。
 そんな中、旧い前線基地の〈工場〉が近いと知り、補給のためにかつて〈学園〉が放棄したその施設へと向かうことに。そこで待ち受けていたのは、別拠点〈教会〉の遠征隊のメンバー、ツクシだった。
 たった一人で〈工場〉に立てこもるツクシに、敵対心を露わにするヤヒロ。他の探索メンバーの有無や、一人で見張りに立つツクシに不信感を持ったボクは、一計を案じ──。

冷静沈着で機知を発揮するタイキと度々タイキを苦笑いにさせる直情径行気味のヤヒロの交流が変わらず面白い。新たに出会ったツクシがメインのお話であり徐々に明かされていく真実と疑心がつのっていく状況に終始緊張感があり3巻が待ち遠しい。生死をかけて地図を頼りに冒険する話だけど知らない方がいい幸せもあるのではないかと思ってしまう。だけど誰かの手のひらで踊らされているかのような不気味さが漂う感じで緊迫感ある。死と隣り合わせの世界で彼らの背中を押す格言が出てきて、読んでいる読者に物事に屈さぬ力を与えてくれているかのようだ

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク