下読み男子と投稿女子 優しい空が見た、内気な海の話。
下読み男子と投稿女子 ~優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)Amazon

野村 美月(著) えいひ(イラスト)
〇あらすじ〇
平凡な高校生の青は、実はラノベ新人賞の下読みのエキスパートだ。そんな彼は、ある日応募原稿の中に、同じクラスの氷ノ宮氷雪の作品を見つける。"氷の淑女"と呼ばれる孤高の少女が、フォント変えや顔文字だらけのラノベを書いて投稿している!?驚く青だが、その後ひょんなことから彼女の投稿作にアドバイスをすることに。評価シートに傷つく氷雪をあたたかく導き、世界観、キャラ設定、プロットと、順調に進んでいくが…。爽やかな青春創作ストーリー!

小説新人賞の下読みをしている少年が、応募作で同じ高校の孤高の少女が書いた小説と出会い、少女と一緒に物語を紡ぐ導入への興味。この作られていく物語が胸を焦がし2人が惹かれあいながらも物語を心を込めて作っていく過程が美しい。面白い小説で面白い小説を読んでいるみたい。作っている物語がこの本の本筋を後押しして本筋の物語が投稿する作品をより本物にする、互いが互いを引き立てている面白さ。また、大いに自由に創作できるラノベの魅力を再認識した。自分のラノベ読みの原点が涼宮ハルヒの憂鬱なのでとても共感できた。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク