妹さえいればいい。 14
妹さえいればいい。 (14) (ガガガ文庫)Amazon

平坂 読(著/文)カントク(イラスト)
〇あらすじ〇
「アンチも編集者も俺以外の売れっ子も全員爆発しろ!」作家としてブレイクし、愛する人と結婚し、父親となっても、人は(特に作家は)そう簡単に聖人君子のように生まれ変わったりはしない。羽島伊月は今日も荒ぶりながら小説を書く。そんな彼を生温かく見つめる妹の千尋も、報われない片想いにいい加減疲れていて――。伊月、千尋、京、春斗、那由多、アシュリー、海津、蚕、刹那、撫子……時を経て大きく変わったり変わらなかったりする主人公達が、それぞれに掴む未来とは!? 青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!

主人公の言う【主人公】は14巻を通して彼の生き様を追ってきた読者だからこそ胸につきささる金言であったと思えた。主人公の周りのたくさんの人達の人生を丁寧に描いていて一人一人の生き方に魅せられていました。間間の変態ネタにも大いに笑ったし、心温まるお話、切なさが残る余韻等本シリーズは小説の醍醐味がつまっているようだった。それはつまっているどころか溢れ出して、読んでいる読者自身の在り方に問いを投げかける力強い作品だった。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク