ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンX
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンX (電撃文庫)Amazon

宇野 朴人(著/文)竜徹(著/文)さんば挿(著/文)
〇あらすじ〇
帝国から亡命を図るアルデラ教徒に、捕虜収容所から脱走したエルルファイ少将をはじめとするキオカ海軍が加わることで、一気に力を増す敵を目の前に、出征しきていた女帝シャミーユは安全のために東へと移動する。
一方、〈不眠の輝将〉ことジャン率いるキオカ陸軍&アルデラ神軍に東から追撃されて、マシュー少佐らは西に向かって撤退していた。
やがてシャミーユとマシューたちは合流する。しかしそれは、彼らが東西から敵に挟まれることを意味していた。
シャミーユ、トルウェイ、マシューたちカトヴァーナ軍が陣取ったのは、垂直を越える角度で切り立つ峻険な崖が南北に数キロにもわたって続いている卓状台地の上。地形を利用して、なんとかキオカ軍の攻撃を防ごうとするのだが、ジャンの意外な策略によって、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。もはやこれまで……と思ったとき、そこに現れたのは――!
胸の熱くなる展開に涙する第10巻!

再生の物語で心躍りました。待ち焦がれた積年の思いが伝わって帝国軍に曙光さした感動のお話でした。 後半ではあまに優しい元帥の考えが印象的だ。陛下への配慮とこれ以上失いたくない情の表れもまた人となりなんだろう。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク