ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅧ
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンVIII (電撃文庫)Amazon

宇野 朴人(著/文)竜徹(イラスト)さんば挿(著/文)
〇あらすじ〇
国を大きく揺るがしたクーデターから約二年。第二十八代皇帝となったシャミーユは、反発の気運漂う国内を、トルウェイ中佐やマシュー少佐を従えつつ、強硬な手段をもって治めようとしていた。
一方、隣国のキオカ共和国でも内紛が起こる。その鎮圧にあたったのは、当世の麒麟児ジャン少将。そこで彼は科学者アナライと出会い、進化の兆しを見せ始める。
歪みを抱えたままの新生カトヴァーナ。日の出の勢いのキオカ。二国間の熾烈な戦いは、新たな局面を迎えることになる。
そしてイクタは……。

国単位で見れば再生に向かって歩んでいるように見えて国に仕える主要な軍人は心に大きな傷跡を残していることを鮮明に描いていて、この先に救いはあるのか気になる。かつてのグループのように言葉を交わすことは二度と叶わず、孤高の軍人の心の機微が伝わり心が痛みます。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク