絶対小説
絶対小説 (講談社タイガ)Amazon

芹沢 政信(著/文)
〇あらすじ〇
一度の商業的失敗が致命的となる出版業界に対する問いかけ。
すべての創作者の魂の叫びをこめた衝撃の「リデビュー」作!
これは現実なのか、それとも虚構なのか。
一度は小説家として筆を折ろうとした著者が書き上げ、リデビューを果たした衝撃作!

小説愛に満ちた物語で、手に取った自分自身が小説で物語を楽しむことが好きであると痛感する。二転三転きりかわっていく展開で虚構と現実の区別がつかないほどどれもがリアリティに感じることができるのは、それだけ物語の世界に没頭できた最上の喜びと言える。また出版不況である今への問題提起であることも言及されますが、紡がれた物語が本となって一冊でも世に出ることは、その本に出合って心動かれた読者にとって大切な1冊に成り得るのだからとてもすてきだ。社会ステータスがどうであれ、書くことが好きで物語を綴る人は幸せで輝いてみえる。

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク