なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合
なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合 (電撃文庫)Amazon

夏海 公司(著/文)Ixy(イラスト)
〇あらすじ〇
目指せ!上場企業!? なんとスルガシステムが株式公開の準備に入るという。その体制づくりのため総務部への誘いを受けた工兵は、いずれは役員として経営陣に……という途方もない話を前に、自らのキャリアについて思い悩む。
とはいえSEの仕事も待ったなし。アサインされたのは、総合商社二社のシステム統合という大きな案件。しかも提案作業のパートナーはかつてのライバル、アルマダ・イニシアティブの次郎丸で!?
さらに、その案件は別ルートから立華&藤崎コンビも受注を狙う、社内競合案件だった! 果たして工兵は、最強の敵に勝てるのか!?
昨日の敵は今日の友、昨日の友は今日の敵!? 萌えるSE残酷物語、風雲急を告げる第15弾!

案件獲得に向けて社内競合となる本巻。この巻で思ったのは、いつも背中を預けていたパートナーがいないことで分かる人の真価だ。また、業界内のコネ、人脈も肝要だ。提案するからには見積もり以上の付加価値をつけて顧客から信頼を勝ち取り次のビジネスにつなげ、広げていく大切さを学んだ。次郎丸の哲学的な問いも感慨深い。極めるというのは自分の中で満足できる上限を設けてしまうことなんだと思いました。システムを作るのは人、生かすのも人。己の研鑽を怠らず、研鑽を負担に捉えず新たな技術、知見に喜びながら覚えていくエンジニアいいなって

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク