やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 7
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (7) (ガガガ文庫)Amazon

渡 航(著/文)ぽんかん8(イラスト)
〇あらすじ〇
京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。
文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず……。
ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。そこにはまた別の人物の思惑も重なって……。
旅行は一気に波乱の予感。クラス内の人間関係、そして複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。
まちがっている青春模様は、まちがっているラブコメ=恋愛模様を生み出すのか。
TVアニメ化を直前にさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。

削除するはれ@まき2019/04/08

2つの依頼。恋の相談と変わることを避けたい別々の者の依頼。起こせば変わってしまう。はちまんの考え抜いた策がアニメの名シーン。それは独善的で狭量ではない。前後で告白する者とされる者、周囲の関係、矯めつ眇めつ検討した一つの行動に由比ヶ浜の【心】の言及がささる

表紙と書誌は【版元ドットコム】様より

スポンサーリンク