ソードアート・オンライン23 ユナイタル・リングII /川原 礫<br><br>再開とリアルが落ち着かないVRMMO
ソードアート・オンライン23 ユナイタル・リングII (電撃文庫)Amazon

川原 礫(著/文)abec(イラスト)
〇あらすじ〇
 キリトとアスナ、アリスが謎のVRMMOゲーム《ユナイタル・リング》に強制コンバートされたその頃。シノンもまた同じ世界に招き入れられていた。
「私としたことが、こんな状況に追い込まれるなんて……」
 数々のミスの末に、仲間も装備もなく、《サースト(渇き)ポイント》も残りわずかの窮地に追い込まれたシノンは、生存を懸けてボスモンスターとの戦いに挑む。
 一方、キリトたちもまた、ホーム防衛とシノン探索の二手に分かれて行動を起こしていた。だが行く手には、過酷な自然現象と強大なモンスター、そしてキリトたちを狙う襲撃者の影が――。

色々設定が深そうな世界で高精細なグラフィックのようで死んだら二度とログインできなくなるリアルのような緊張感がある依存性が高そうなゲーム。今は少し貯金があるキリト達だけど学校にいきながらログインしているとなると廃プレイヤーにいずれ後れをとりそうな感じがする。色々事情がありそうな強制転移先のユナイタルリングでどんな事実が浮かび上がってくるのか楽しみ。

はネタバレを含む感想

アルゴとの再会、神邑との出会い

SAO時代の情報屋だったアルゴとの再会。1歳年上のおねえさんが帰還者学校後期組で編入してきた。
SAO時代に凄腕の情報屋だったアルゴの手腕はリアルワールドの情報誌の執筆に携わっていたり、人が知らなそうな裏の情報を豊富におさえていたりするところでうかがえる。情報の小出しのタイミングが商売上手のようで。アスナとアルゴが抱擁を交わすシーンは口絵と相まって感動的だった。アスナの"絶対また会えるって信じてた"っていうセリフの次が、"どうしてここにいるの?"だったのでアスナさん切り替えスイッチ押すのはやすぎだよなぁって思ってしまった。
そして神邑との出会い。彼女こそ、SAO著者のもう1つのシリーズ『アクセル・ワールド』の重要人物。とうとう人名でSAOとアクセル・ワールドにつながりがあることを示唆。アクセルワールドの加速世界のゲーム開発者のシルエットがキリトにそっくりだったり、グラファイト・エッジのソードスキルがキリトの技で、口調が彼そっくりで緑の王の語る内容が・・・とソードアートオンライン以上にアクセルワールドは謎が多いイメージ。
2つの世界は間接的につながりがあるので徐々に真実が明るみになっていくのは面白い。SAO24巻でもアクセルワールドに関係する内容が出てくるらしい。

今までのユイとはちがう

ユナイタルリングの世界のユイは、なんと今までの人の肩に座るピクシーのような大きさではなく、1プレイヤーとして人の大きさで召喚されている。中学生くらいの女子。キリトや仲間達に守られるだけの存在は嫌で、自ら先陣を切って強敵にソードスキルを発動させる姿は、キリトがいうように真の感情を獲得しているように見えた。前巻でモンスターにおびえてユイの体が震えているのをシリカが気づいている。

リアルでは中々落ち着かない

転移先のユナイタルリングの世界では、死ぬと二度とログインできなくなるのでSAOと似ている。
普段いるALOの世界では本気でなれないでいると口にしていたキリトにとってはSAOやアンダーワールド以来の高揚感を覚えていそう。
違うのはログアウトができることだが、なんとログアウト後もユナイタルリングの世界ではアバターがずっと残り続けるので落ち着いてリアルをすごせるのだろうか。学校に行っている間に廃プレイヤーに襲撃される可能性がある。ザ・シードのプログラムで作られた、全てのVRMMOが融合した世界が何が目的のゲームなのか定かではなく、天の声で
『極光の指し示す地』にいくと全てが与えられるというもんだからあっけなく退場することは避けたい。
まずは自分たちが死なないように自衛中心に地盤を固めるために街づくりに励んでいる様子はとても楽しそうにみえた。細かいスキルが次々と開眼していくので設定が色々深そう。
次巻は大きく動き出しそうで楽しみ

スポンサーリンク