ソードアート・オンライン24 ユナイタル・リングIII<br><br>アンダーワールド、ユナイタルリングでキリト達は大忙し
ソードアート・オンライン24 ユナイタル・リングIII (電撃文庫)Amazon

川原 礫(著/文)abec(イラスト)
〇あらすじ〇
総務省仮想課職員、菊岡誠二郎との再会。それはキリトとアスナ、アリスを、《大戦》から二百年後の《アンダーワールド》へといざなうものだった。
 再びあの世界へ降り立った彼らを待っていたのは、ロニエとティーゼの子孫であるローランネイとスティカ、そして。
「これが《星王》を名乗る男の心意か。――よろしく、キリト君」
《整合機士団》団長を名乗るその男は、かつてキリトが失った《彼》と同じ目をしていて――。
 一方、《ユナイタル・リング》世界では、キリトと仲間たちを狙う最大の《悪意》がついにその姿を現す!!

本業とユナイタルリングの攻略とアンダーワールドの侵入者の問題とキリト達は大忙し。ゲームの常識を覆す柔軟な発想を生かせるユナイタルリングと、心意を多用して闇落ちしないか少し気がかりなアンダーワールドの世界。イベントが盛りだくさんだなぁと思ったところで次の巻なので気長に待ちたいところだけど著者の別のシリーズを進めてほしいと思うこの頃。

はネタバレを含む感想

協同よりも支配による結束を

情報屋のアルゴが馴染み深いSAOのアカウントをコンバートさせてユナイタルリングにログイン。表向きはキリト達と協力しつつ独自の調査を進めていく。最初の待ち合わせ場所に向かったキリトとアリス。道中の船旅の様子が挿絵にあって、アリスが改めてネコミミ姿になっていることに気づいた。ネコミミ姿と時折みせるアンダーワールド時代の厳然たる口調とのギャップがいい。ずっと丁寧語なのは変わらず。アドミニストレータにシンセサイズの秘儀によって幼少の記憶が消されていなければどんな人柄になっていたんだろうと思う。

懇親会で数々のグループが集まったタイミングで事は起こる。仮想研究会と名乗るグループのリーダー、ムタシーナの技で召喚された謎の怪物による球体が、キリトを含めた会場にいたほぼ全員の首筋に付着して呪いのようなものをかけけられてしまった。ムタシーナいわく、範囲無限、永久持続。たったのワンアクションで呼吸を止めるという脅迫で協力を乞うものだった・・・。仲間と結束してーーとか、助け合ってゲームクリア目指そうーーーとかそんなのは詭弁で支配こそが最善だというムタシーナの考えは少しだけ同情してしまう。死んだら終わり、謎のゲーム。静観することができるのに自主的に謎のゲームにログインするガチ勢達。出会って日が経っていない人を信じるには少し不安。スパイの存在も考えると。 SAOは生き残るための生存戦略で結束できたけどユナイタルリングだと少し違ってくると思う。
そして、ムタシーナは支配下においた駒を使ってキリト達のチームをつぶすとか言い出したのでキリトタウンは生き残れるのか、描かれるのが次かその次の巻になりそう。キリトタウンをつぶしにかかる前夜にまた災難が降りかかってるし・・・

ばれたら大問題?アスナの決意

キリトがアスナに誕生日プレゼントを贈って、アスナがキリトに感謝の抱擁を交わすシーンの挿絵が素晴らしい。
ちょっとアスナさんの満面の笑みが魅力的すぎてイラストすごい!って思った。
さて、アスナさんが刃渡り5センチほどのナイフを常に携帯している事実が発覚した。
SAOのPKギルドメンバーに筋弛緩剤を注射されたキリトを目の前で見ていたアスナが次は絶対にキリトを守るため。キリトは超有名人だから用心したほうがいいんだろうけど、アスナの"ナイフを常に持ち歩く女子高生"という姿がリストカットしている女子高生に見えなくもない。帰還者学校はSAOサバイバーのメンタルケアを重視しているだけにばれたら大事になりそう。

アンダーワールドに侵入者

アンダーワールドに外部からの侵入者がいる情報をキャッチして、アンダーワールド世界の勝手が分かるキリトやアリス、アスナが調査のため時間制限ありでログイン。
もう200年後の世界だからかつての仲間達や親友がいないことが悲しい。ロニエやティーゼの系譜であるローランネイとスティカと再会し整合機士団長エオラインにユージオの面影を重ねてしまうキリト。エオライン・・・!きみは一体何なんだと手を伸ばすところで無慈悲なタイムリミットによってログアウトさせられてしまってそのまま話が進まず24巻が終わってしまった!
ムタシーナ達による襲撃への備え、街を襲うかもしれないボス、アンダーワールドの侵入者とエオラインの素性とイベント盛りだくさん。打ち切りなんて考えられないから続きが読める安心感はあるけど次回は半年以上の間が空きそう。別のシリーズのアクセル・ワールドは去年の8月から、絶対なる孤独者は去年の6月から続刊が出ていないので2作品の続きが出てからSAO25巻を出してほしいなぁ~。

スポンサーリンク