さいはての終末ガールズパッカー 感想

Amazon  BOOK☆WALKER

藻野 多摩夫(著/文)みきさい(イラスト)
〇あらすじ〇
記憶を失った自動人形《オートマタ》の少女リーナ。出来損ないの人形技師でトラブルメーカーのレミ。百億歳を過ぎた太陽が燃え尽きようとする凍える世界で二人は出会った。
「ねえ、レミ。私、もうすぐ死んじゃうかもしれないんだ」
「リーナは私が直してあげるから!」
 人類の文明が滅んだ世界で、頼る者もいない。それでも壊れかけた人形の死を食い止めるため、二人の少女は東の果てにあるという《楽園》を目指す。
 ――きっと間に合わない。でも、最後の最後までレミと一緒にいたい。
 終わりゆく世界で二人の旅は続く。

ネタバレを含む感想

藻野先生が書く物語の雰囲気が好き。デビュー作のオリンポスの郵便ポストを読んだ時に思った素敵な物語への誘引が本巻も健在で、同じ著者だからこそできる設定により想像するのが楽しくなる余情を残してくれている。感傷的になりつつも、ふと笑みをこぼしてしまう温かみがあり、強く共感するメッセージ性がある。
『ごめん』より『ありがとう』を。2人にとって『ごめん』=『ありがとう』だと気づき、後半にごめっ・・ありがとうと言って、最期のリーナとレーミの会話では、ごめんねがない、ありがとうがあるやりとりに感動していた。
物語の最終ではああなってるけど、どちらでもすてきな物語であることに変わりないと思った。
大切な人の温もりが、共に過ごした8年の歳月が明日のレミの支えとなる。
トニー爺が死んだら死のうとしていたレミがリーナに出会い旅をして、死んでしまったリーナが好きといってくれた自分を貫いてみせると言ったところから、彼女が変わるロードムービーのような物語でもあると思った。
リーナも過去を映す夢と現実の境界がだんだんとあいまいになりながらもレミだけはなんとしても助ける思いの強さは、過去になくしてしまったティアからきていて懸命さに心を打たれる。
2人の物語であり、レミの物語でもありリーナの物語でもある。2人それぞれの視点と3人称視点から丁寧に描かれてとてもよかった。

イラストを手掛けたみきさい先生が、本巻にはない『さいはての終末ガールズパッカー』のイラストをツイッターとネットのページに載せてくださっています。ここにそのツイートを埋め込みたいくらい。

オリンポスの郵便ポストとのつながり

さいはての終末ガールズパッカーは、文明が滅んで2000年後の雪と氷に覆われた世界が舞台。リーナを治すためラジオで知った楽園・エリシウムを目指して旅する物語。 ここで、オリンポスの郵便ポストの装画を見る。

地球から送られた囚人が火星を開拓して数百年。オリンポスの郵便ポストでは、エリシウムが火星の最大都市となっている。火星の環境に適応するため囚人は義肢技術によって体のパーツが機械に取っ替えられる。
開拓して数十年後ロボットたちによる内戦で火星は壊滅的被害を被り、2巻では地球の機械兵士が執拗に暴れ続けてたいぶ手を焼く。
地球では人の代わりに機械兵士が戦場に立って、人が血を流すことはなくなった。機械を人が制御できていればいいけど何かの陰謀とかで暴走して殺戮兵士となることは容易に想像できる世界。
さいはての終末ガールズパッカーに登場するロボットが人にゼンマイを巻いてもらわないと動けなくなる仕様は、上記の反省が生かされているのかなと思う。
あとは本巻に、昔は真っ赤な砂の砂漠だったらしいという説明があったこと。さらっと読んでしまいそうだけどエリシウム以外に共通するキーワードがあった。本巻→オリンポスの郵便ポスト2巻の順で引用

ーメリディアニ南部第三要塞は壊滅的被害。一般市民含む五万人犠牲か。

P165

「歴史とは白と黒に簡単に塗り分けられるほど、簡単なものではありません。エリシウムは自分たちがこの星での覇権を得るために秘密裏で軍事的な研究を重ねてきたのです。内戦前・・・いえ、<<隕石嵐>>が起きるずっと前から。その当時の仮想敵はメリディアニでしたが」

オリンポスの郵便ポスト2 ハロー・メッセンジャー P168

2巻でメリディアニは火星に次ぐ火星第二の都市で、エリシウムとは仲が悪いことは子どもでも知っているとのこと。
こういったつながりを見せてくれることろが面白かった。
次は、地球を舞台にした新作で共通のキーワードを引っ張ってきてくれたりして。


スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    こんにちは。

    本作内で舞台が火星と、言及されていましたっけ?

  2. はれ より:

    >>匿名さん
    こんにちは。
    本作で舞台が火星と言及されてはいません。(見落としがなければですが
    『オリンポスの郵便ポスト』との共通項からあくまで推測している記事となります。

  3. 匿名 より:

    はれさん

    お返事ありがとうございました。
    オリンポス~を読んでいなかったので、ちょっと戸惑ってしまいました。
    いい機会ですので、そちらも読んでみようと思います。

    不躾な質問にお応えくださり、ありがとうございました。

メール、名前、サイトは任意です。