数字で救う! 弱小国家 3 幸せになれる確率を求めよ。ただしあなたの過去は変わらないものとする。感想

Amazon  BOOK☆WALKER

長田 信織(著/文)紅緒(イラスト)
〇あらすじ〇
帝国での戦いからしばらく経ち――しかしなお、弱小国家ファヴェールの宰相にして、数学オタクの現代人・ナオキは苦境に立たされていた。苦楽をともにしてきた王女・ソアラからナオキに領地が下賜されることになったのだ。それはナオキを貴族階級に据え《自分と婚約できる立場になってもらう》ための、彼女からの遠回しなプロポーズだった……が。
 それをこいつ――断りやがった!
 前回の戦いで仲良く(?)なったライアス公爵や、助手のテレンティアにメンタルフルボッコにされる名宰相あらため、優柔不断へっぽこ人間のナオキだったが、彼にはソアラに対して踏み出せない一つの理由があった。

ネタバレを含む感想

ナオキの数学講座もすごいけどテレンティア嬢の助言も毎度のこと感心させられる。
"これだけなんです"をネタにつなげる展開は上手すぎ。からかいといい助言といい哲学的な話といい、修羅場をくぐってきて培った肝っ玉といい。秀でるところがギャグセンスも含めて光っていてなんていう存在感なんだろう。
先生が3巻のことは考えていなかったとのことだけど、1巻でみた世界情勢の図から色々と面白い物語に派生できそうな素地が整っているように見えたので続刊は期待しかない。数学×戦記は自分には目新しい。
さて、本巻はナオキに焦点をあてた話ということで彼の中で踏ん切りがついて前進する話だった。
成り上がり宰相が陰の立役者ではなくヒーロー的立ち位置で躍動する"主人公の物語"で面白かった。
4巻ちらっとみたらどうやらお子様が・・・ということでソアラ王女殿下と婚姻ということで転移した世界で足場を固めて終わった。ナオキは王女の言動に対して前巻あたりで心の中で"チョロいな"といっていたので、彼女を子ども扱いしているものだと少し思ってた。
銃声が轟く後がない差し迫った戦況で、冷静なナオキ。1巻では目の前で血を流している敵にうろたえてから戦場を経験し、宰相となってどこまでも合理的に動いていける胆力をもちあわせたかのような。終盤の展開で精神で支えているのではなく、損得で仲間が敵に寝返ることないと確信していて、最後の銀貨1枚の約束は爽快感しかなかった。なんて気分がいい流れなのかと。
ナオキは異世界からきた人間で、数学は数学自身の正しさを証明することができないことを知っていて、自分自身を信用できないでいた。ソアラが愛する美しい世界をダメにしてしまう恐れがあって悩んでいた。
そこから解を見出して感動的な話になってよかった。欲を言えばもう少し掘り下げてほしかったけど。
ソアラはずっと待ち続けていたようだし、理論派のソアラにとってナオキがどれだけ大きな存在かは、物語でナオキを必死にとめようと取り乱しているところから伝わってくる。そして今回ナオキが距離を縮めたことで有事の際にナオキの感情の揺れ幅が大きくなる場合が出てくるかもしれないわけで、その時理屈か感情かどちらに天秤が傾くのか気になる。だってこの物語は戦記だから。

スポンサーリンク