我が魔道書は此処に在り 没落貴族と魔道学院 感想

Amazon  BOOK☆WALKER

大黒 尚人(著/文)白井 鋭利(イラスト)
〇あらすじ〇
七年前――名門ロレーヌ公爵家は壊滅した。陰惨な闇討ちを受け、貴族の誇りである魔道書を失うという、最悪の形で。
没落公爵家に残された、幼き令嬢ルネと騎士アルト。ロレーヌ家を陥れた宿敵への報仇、誉れ高き家門の再興を生涯の誓いとしたふたりは、伝統あるベルン帝立魔道学院の門を叩く――。
帝国随一の荘厳な学び舎。天賦の才に溢れる俊英ぞろいの学徒たち。新たな一歩を踏み出したふたりだったが、否が応にも七年前の謀略に潜む黒幕との戦いに巻き込まれていき……。
胸に抱くは、気高き使命と揺るぎなき矜持。世界を変える力、魔道にすべてを捧げた少年たちの熱きバトルファンタジー、開幕!

ネタバレを含む感想

幼さを残していると思いきや、芯があって剛毅な雰囲気があるルネと主人への義に厚いアルトとのロレーヌ家復興の物語が幕を開ける。幼い頃、名家を失墜させる惨い仕打ちを受け、機微が敏感な幼いこどもだからこそ負った傷の痛みは壮絶なものなだろうなと思う。高貴な衣装を身にまとった二人が宿の客から訝しがられたり、学内で冷ややかな目線を浴びたりするのはこれまでも幾度とな繰り返されてきたこと。そういった居心地が悪い立ち位置でも、2人は強かった。
互いに心底信頼できて安心できる大切な人が隣にいる。孤高ではなく心の拠り所があって心がすり減りすぎて自らを見失うことはなさそう?学内で出会ったおてんばなベアトリスと友になり、黒幕が明らかになりどう成り上がっていくのか見たいので続きが出たら買いたい。

ロレーヌ家が与えられた大命十書の命題『生命の本質の解明』ということで、人体の構造と魔道を絡めた戦い方は新鮮な感じだった。なんてたって関節技。それを中盤あたりで、ルネのキャラの印象が朧気ながらも残ってきたところで彼女がやってのけたので、ロレーヌ家をテレジアに吸収されることなく守り抜いて名誉を回復させる強固な意志を垣間見た感じだった。
アルトの戦い方も終盤に明かされた事実から、破壊と再生を繰り返して心が摩耗しないかどうか憂慮するところだ。戦いに破壊と再生が生じるのは、どの物語でも目を見張る。

テレジアにはどうも腹黒い印象が否めない。彼女の家の研究分野が、ロレーヌが光差す分野だと思えば対になる陰になる分野のようで。
露骨な養子の誘いと彼女の家柄から疑い深くなってしまった。
アルトの生き様に魅せられたランベルトは今後、ルネがよく思わないような暗部の方面で支えになってくれれば面白くなりそうだなっと期待する思いがある。

今後の成り上がりで、流血沙汰は避けては通れないだろうと思う。心根が優しいルネが、日の目を見ながら成り上がっていくのか、どこまで惨い復讐に手を染めるのか追っていきたいと思う。

面白い舞台設定だった。全体的に掘り下げの地の文がほしかった。

スポンサーリンク