15歳のテロリスト 感想

Amazon  BOOK☆WALKER

松村 涼哉(著/文)
〇あらすじ〇
「すべて、吹き飛んでしまえ」
 突然の犯行予告のあとに起きた新宿駅爆破事件。容疑者は渡辺篤人。たった15歳の少年の犯行は、世間を震撼させた。
 少年犯罪を追う記者・安藤は、渡辺篤人を知っていた。かつて、少年犯罪被害者の会で出会った、孤独な少年。何が、彼を凶行に駆り立てたのか――? 進展しない捜査を傍目に、安藤は、行方を晦ませた少年の足取りを追う。
 事件の裏に隠された驚愕の事実に安藤が辿り着いたとき、15歳のテロリストの最後の闘いが始まろうとしていた――。

ネタバレを含む感想

数々の参考文献に裏打ちされた知見を活かして少年犯罪被害者の心痛を描き切った物語だった。
少年法を中心にして、その周りを少年法に人生を左右された者達がぐるぐるまわって抑えきれない感情があぶり出される。電撃文庫よりも一回り大きい字で250ページと短いように外面では見えるが、内面は濃かった。
物語のリアリティで言えば言わずもがな、共感し納得し各々立場で抱える葛藤に魅せられていた。

また、少年法について見識を深められる小説だった。更生の余地がある少年の罪を軽くすべきだという意見は、聴衆が被害者、加害者どちらに共感するかでいとも簡単にひっくりかえる。真実を知った時、すぐに群れとなって反対側の意見に賛同する。真実を知りたいというあまりに突飛した行動から、表面上の情報に踊らされずなるべく情報元をたどって真実に近しい情報を収集することが大切であると。その大切さは人生の中で数々思うことがあるけれど、15歳のテロリストを読みながら伝わってくる、その説得力から怒涛に主張を畳みかけてくるかのようだった。
主人公である兄の誕生日祝いにお花を摘みにいった少女が不良がやっていた現場を目撃してしまって、見られてしまった不良が口封じに少年法の加護が受けられる年齢の別の少年を使役して、審判が有利になるやり方で主人公の妹の一家をもろとも焼き殺そうとするが主人公だけが生きのびて物語が始まる。というもの。
のうのうと生きている黒幕。少年法の加護により加害者は刑事事件として扱われないことへの憤り。
加害者の家族が受ける痛みと背負うもの。迫りくる、少年法が適用された少年に恋人が殺された記者。
少年法厳罰化を訴える政治家。世論を誘導するメディア。
少年法の厳罰化の賛否の間で訴える少年の言葉の重みに、圧倒された。
真実を知りたい。
少年法によって現に効果が出ていることとは物語で触れられていて、厳罰化することへのリスクは後で調べて知った。効果が出ている以上問題提起して改正することは難しく、厳罰化することは少年犯罪の再犯を招きやすく長期的に見ると効果が薄い。しかし、初犯によって奪われた側の被害者にとっては得心がいくことは難儀であると共感する。
被害者の主人公と、加害者の妹との正体を隠した状態から始まった歪そうな関係の行きつく先については、よかったなと思う。

スポンサーリンク