教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 7時間目 感想

Amazon  BOOK☆WALKER

さがら総(著/文)ももこ(イラスト)
〇あらすじ〇
「わたしは、このお話が、読みたかった」
――『教え子』の物語をついに描いた天神。
その新作の宣伝のため、担当編集者から提案されたSNS運用を始めるが、一向に認知が高まらない。
ヤヤにアドバイスを求めたところ、天神の自宅にて疑似新婚生活(!?)を送る冬燕と、予測可能回避不可能なご対面を果たすことに。
たちまち勃発する大惨事冬ヤ大戦――
「もう、天くんとキスした?」
「……は?」
「ヤヤは毎日ちゅっちゅしてる」
「はあああ!?」
挙句の果てには、星花と冬燕とヤヤの三人娘が、なぜか揃って動画に出演することになってしまい……? 
これは“才能の話”ではない。もっと根源的な、物語の価値についての話だ。

物語に踏み込んだ感想

敏腕編集者「面白いかどうかはどうだっていいですよ」

甘々ラブコメと主人公の鋭利な切り口からくる一家言が物語への強烈な誘引となる教え子脅迫犯罪シリーズももう終盤に近いのか・・・。本巻はラノベ作家兼塾講師の天神先生の物語だった。今まで教え子たち、新しいラノベ作家兼学生のヤヤに振り回されたり、1先輩として、塾講師として教えたりしながら渋々自分と対峙してきた天神だったが、本巻は甘々ラブコメ抑え目で天神のための物語だった。既刊でキャラを立たせ、一概に登場人物の人物像を簡潔にまとめさせないキャラ造詣の深さを見てきた上で物語の終盤で天神の物語となったので、甘々と苦渋が巻数ごとに計算されて按分されている印象を受けるのですごいなぁと思う。

教え子たちを描いた新シリーズは事情により別の多くの売り上げを出している敏腕編集者が担当することになった。策を講じて売り上げをたたき出しているのだから、編集者としては全うであり、物語を読み終えた後も敏腕編集者だったなと思った。面白い話かどうかではなく、読者に手に取ってもらうための販売戦略の話は、新たな発見はなく当然の話だった。でも改めてためになった話だったし面白かった。だってそれだけのストーリー(理由)があるのだから。
ストーリー(理由)←の使い方は本巻なんだけど響きが好き。読み手一人ひとりのストーリーがあるということ。
天神のモチベの変化も見越してサイン会をやったのだとしたら編集者強者だ。

作家と編集者は同じ方向性を見ていながら目指すゴールは編集者が同一直線上の手前の1つめで、作者が手前の1つめを含めた2つめのゴールまでだと思う。編集者のゴールが読者に作品を手に取って(興味をもって)買ってもらうことで、作者のゴールが読者に手に取ってもらった上で面白いという感想を抱いてもらうこと。
買わせたら勝ちで、読もうが積読本となって置かれるままなのかはどっちでもいい。読んで声をあげたところで、電子の海に埋もれる小さき声にしかならないだろう?でも、未来の買い手に響くかもしれない。
そう思うと物語を商品にして売れるための編集者の仕事は、本巻でキャラに気持ち悪いと思われようと正しいんですよね。ほんとにまず作品を知ってもらうこと。少しでも面白そうだと思ってもらうこと。売るための演繹。
「売る」結実のための様々なストーリー(理由)は現に様々な出版社が工夫を凝らしていますよね。きっと。
自分がそうなんだけど、読んで面白いと思った作品がたとえ上記のように気持ち悪い宣伝をしていようと気にない。だって用があるのは作者が書いた物語なのだから。売り方じゃない。
ラノベ作家がツイッターで宣伝や作品にまつわるストーリーをあげて作品を広めている。
自分が好きな作家はツイッターやブログをやっていない。だけど古参ファンが多い。
読者との接点は、世に出した物語が全てと言う作家である。このラノで広まらないかな。

書き手がいくら物語にメタファーを塗りこんだところで、読み手の9割はそんなものを読み取りやしないし、残りの1割もそんなものにかちを感じないのだが。

P24

よく読んでいる読者でありたいと思った。

最後に、3巻か4巻の解説で志瑞先生が望んでいた「ヤヤの顔を○○○○い」が挿絵となっていて破壊力が凄まじい!! あと、とえが今つかんでいる幸せが愛くるしい!

もっとヤヤの〇〇せた表情見せてください




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう