豚のレバーは加熱しろ(2回目)感想

Amazon  BOOK☆WALKER

逆井卓馬(著/文)遠坂あさぎ(イラスト)
〇あらすじ〇
 剣と魔法の国に再び豚として参上! しかし肝心のジェスがいない。なぜだ! ジェスたそをブヒブヒ舐め回したい一心でやってきたというのに……!
 ……失礼、違うんだ。俺が少し離れている間に、闇社会の連中が王朝に反旗を翻して、この国は今大変なことになっているらしい。俺がここに再臨したのは、そんななかイェスマ解放を目指し戦うイケメン狩人ノットに協力し、残酷な運命を課されたイェスマたちを救うため。
 べ、別に、ジェスへのガチ恋が溢れて会いたくて会いたくて仕方がないだなんて、これっぽっちも思ってないからな!
「くそどーてーさんも、私と同じなんですね。いつか私もノットさんに……」
 こらセレス、地の文を読むんじゃない。あとその呼び方、どうにかならないか?

ネタバレあるかも

推しを応援し続ける姿勢は変わらない

久しい豚小屋ブレンドの香り、豚になった仲間が増え、豚海戦術でイェスマ解放軍に与する豚レバ2巻。
オタクの妄想を体現し、恍惚の境地に幾度と至りながらも時には「ンゴォ!」とありったけの声を出して勇猛果敢に攻め入る豚の背中はきっとかっこいい豚のレバーは加熱しろ
いちゃいちゃファンタジーであり、社会機構を支える現状の奴隷イェスマに問題提起から始まり、「イェスマ解放」を旗印にして反旗を翻すファンタジーでもある。+コメディ
というのも豚小屋ブレンドとか豚海戦術とかは作中に出てきた表現で著者逆井先生の受け売りだ。
1巻の時と同様に豚視点の描写に小粋な微笑~大笑いネタが仕込まれているのと、メタフィクションのような読者に問うシーンもある。プラスで働いて面白いと思うシーン、かえってマイナスに働いて雰囲気を損なうシーンに感じられたところがある。難しい。
ジェスと豚の想いが双方向の1巻。2巻ははじめのほうで、ジェスは豚との旅路の記憶が封印されてしまっていたというすれ違いファンタジー開幕。豚にとってジェスは推しであり推しを静かに応援し続ける考えのもと、初対面を装って付き添う描写の中で、1巻の時と重なる描写から忘れてはいけない大切な何かをを打ち震わせ滴が頬を伝うシーンではジェスは疑問に思いながらもどんな胸中だったんだろう。切ない系はそれだけじゃなくて物語の最後の方でも、再びお願いされてしまうことになるので岐路に立たされた豚の選択が気になる。残り続けると異世界と日本との糸が切れて帰れなくなってしまう懸念があり、残るとしたら豚のままだろうから悩んでしまうな。推しに盲目になるか。
何回か重版したらしいので打ち切りの心配もなく物語の続きが出ているのでよかった。

逆井卓馬/遠坂あさぎ 電撃文庫 2020年8月7日
スポンサーリンク