プロペラオペラ3 感想

Amazon  BOOK☆WALKER

犬村 小六(著/文)雫綺 一生(イラスト)
〇あらすじ〇
極東の島国・日之雄。その皇族第一王女・銀髪の美少女イザヤは20才。同じ年で幼なじみのクロトは昔イザヤにとんでもない"狼藉"をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。しかしふたりは、第八空雷艦隊司令官と、その超キレ者の参謀となり国民の人気を独占する!互いを意識しても素直になれないイザヤとクロト。そして、ふたりを見守る姉のような皇家内親王リオにも転機が。飛行戦艦「村雨」艦長への就任である。イザヤとクロトとしばし別れねば…。だがリオには、彼女のためならいくつでも命を捨てたいファン、もとい乗組員たちがついている!

ガガガ文庫がプロペラオペラ3のPVを公開した。かっこいい!

智将同士の空戦に命を賭した光明が差す

高級将校、練度の高い兵が次々に消えて兵力が乏しくなっている日之雄の人員配置は、イザヤとリオを各艦隊の艦長に据えることになった。死線を共にできない立ち位置で不利な戦争に再び身を投じる第3巻。
仕方のない配置といえど、幼少の頃から一緒にいるリオと離れ離れとなってしまった。イザヤもクロトもミュウも思うとこあるし、戦いが終わった後は再会を切望するところだが戦場に思いを形にする奇跡などない。
今回の敵は日之雄を侮ることなく、敵を分析し考えられる万全の状態を整えた上で石橋を叩いてわたるような慎重な智将であり、日之雄にとって今までで一番相性が悪い敵。これは智将同士の戦いともいえた3巻で、命など一瞬で残滓となる悲劇を描いた無情な戦争であると。だからいい。魔法なんてない。奇跡なんてない。もてる戦力を総動員して挑む迫力ある戦争と、そこに身を投じる者達の決死の覚悟が描かれる戦記で、毎度真剣に向き合い夢中になって読んでる。智将同士の戦いに起動した命を賭した光明が、大切な人の涙を照らすような沁み入る戦争だった。容赦なき戦争で好み。これぞ戦争。
なるほど、だから3巻になって2人が歩んだ奇跡を描いたのか。


敵のガメリアは日之雄の10倍の造船力、20倍の製鋼能力があり、このまま戦いを続けていくほど不利になっていくような消耗戦で打破できる道はユーリ側に望むか、日之雄のために援護射撃してくれるような味方の国とかあるか。海上戦力に目をつけて戦艦「大和」の主砲が、その轟きを鳴らすことがあるのか。
財力にものをいわせて権力をも手中に収めようとしている大敵カイルが下半身で滅びを招くなんて考えにくいし、ユーリでさえ冷や汗をかく状況。求められるのは、戦中に日之雄人が巻き込まれない負け方か。 逆転の兆しを手繰り寄せられるのか。それかイザヤがガメリアのカイルに身をなげうって懇願を…。


敵役もまた大敵とみるにふさわしい強欲な人物で、最高だわカイル。
カイルとクロトとの過去のシーン。人生でもっとも充実していたかもしれないと振り返ったカイルの語りではルカ・バルカとジェミニを思い出す。カイルがクロトをどう思っているか、今後変わってくるのかもしれない。

スポンサーリンク